下田逸郎

迂闊であった 友だち(K)に 下田逸郎の<忘我>を借りた 友人から感想を聞かれときは まだ二・三度しか聴いていなかったので 「ああ下田逸郎だ」  っと しか感じていなかったのだ 十代の終わりの頃 ふと下田逸郎のレコードを買ってしまった そう 買ってしまった 最初 そんなにいいとは感じていなかった うま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三人展 3

まったく いつになるのかは わからないのに がぜん やる気がわいてきている 初日には みんなで 乾杯なんかして・・・・ 先ずは いい絵を 描いて 並べるんだ そう 描かなければ・・・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三人展 2

私の絵 は いわゆる具象?  私的には 抽象と具象の狭間に彷徨っている感じに なりつつある(ここ数年) お二人は 抽象画 に なにかを見つけようとしている 私の絵は お二人の邪魔にはならないと思ってるのだ あたたかい 空間の展覧会になればいいと考えている できれば できればの話 二週間 三週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三人展

いつになるか どこでするか は まだ 不明だけど 三人で展覧会をする そんな 話が出ている ひとりは 私が三十過ぎの頃 大和郡山JR駅前の画廊で作品展をした時 知り合った人 ひとりは 偶然 画廊 絵屋にて 知り合った人 っで 奇遇なんだけど この ひとり と ひとり の方々が最近出会って たまたま 私の話が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

断片的に

最近 気持ちが かるい 絵屋が終わったから なのだろう 三年間 いつも 宿題をかかえていた  そんな 感じ だった                                     * 絵屋の搬出で 家の整理に追われている まだ まだ 三割程度しか かたちになっていないのだ 三年間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月5日

絵屋 営業日で 私がつめる最後の日だった っで <黒色の行方>を追っていたのだが・・・  22.0cmX32.0cm いったん 壁に貼りつけておいた ここで 止めてしまうのは・・ 物足りなさを感じている まだ この絵は 追って行けると  描かなくては と 感じている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自画自賛

サインをいれる スキ がない 画用紙の裏に サインをいれる 凛 とした 絵 になった                             * 画廊 絵屋 は 11/9 をもって営業を終える 寂しく 感じるほど 長い年月ではなかったが・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵屋 2

たとえば この風景は この世には存在しない 描きながら 観えてきたものを 追っていった この絵も 私にとって 新しい道を 歩いていた 花火 を描いていて 画面に 猫 が現れた っで  追っていくことにした 新鮮で あった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵屋

絵屋は 私の アトリエと化している 私の知らなかった 私の絵が 現れはじめている 不思議な 三年 だった
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキンヘッド Ⅱ

「まだ ええって」 っと あまね 暖かくなってから やろうか                           * もろみ味噌 を ごま油 でとき きゅうり につけて コリッ コリッ って これ なかなか うまい (私の 頭髪とは関係ない話だが)                 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキンヘッド

ただいま 我が家 お父さん(私)スキンヘッド案が進行しつつある 問題は 私の髪が薄くなってきている 潔く 剃ってしまえ ってのが みんなの意見 まあ 丸刈りだけで の 方が日々の処理は 楽かもしれないのだが・・ どうでもいい  どうでもよくない  はなし だ 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めまい

日曜日 23日にかるい目眩 それが 今日まで(今も) 強かったり 弱かったり 重かったり 軽かったり ・・・・続いている 禁酒 は 仕方がない 数ヶ月前の 目眩のときは かなりの期間 禁酒していた 耳 からの 目眩だと 信じているが 続くようだと 病院に行こうと考えている めまい 素敵な …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵屋 

三年契約 契約日前日まで なので 11月12日閉店 九月も八日 十月 そして 十一月 っか 閉店 です
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵屋 でのこと

「あぁぁ あ 開いててほしい店が あいてない・・・」 って きらっ都・奈良 入ってるブース六軒のうち(三軒が空き家) 三軒しか開いてなかった 「来てほしい客 通らへんなぁ 」 こころ のなかで 呟いていた あと もう 三か月弱で 絵屋 も終わる 風 は ふかない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田信美彫刻展 2

自由な手 自在な手  圧倒的な 技術の裏付けがあってのことだ 感性と対応力 考える力 愉しむ力 がいるのだろう 私のデッサン力(りょく)は もどき(あやしい) だが 岡田さん は 備えている 数年前 岡田さんと奈良で会ったとき(まだ 絵屋はやってなかった)携帯で作品を見たとき もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡田信美彫刻展

8/2 尼崎まで 行って来た 私は こんな岡田さんも 好きだ いつだったか 京都で見た  女性の首 が ころんって 置かれていた その作品も 好きだ 今回 その作品は なかった   彷徨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突然のこと

先日 つむつむ が突然の初期化?になっていた っで 消去 した このくやしさは・・・・・伝えようがない しかし 考えようによっては 時間 を取り戻すことが出来る 一年強 夢中で 遊んでいた                            * 叔母が亡くなった 母親の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<今日の終わりに 3>か <遠き日々の夜に 2> これから 手の入れ方で どちらの絵になるのか? 私にも わからない まだ 決めかねている 今日 絵屋 で確かめていたんだけれど・・・ さて どうなるのだろうか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレーム

ファニーフェイス このところ アクリル絵具で 文字を書いて 遊んでいる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まあ 貼り付けておく

絵(ピアス) とは関係ない話だか 広重 に 写楽 の絵は描けない それぞれの 活躍してた時期は しらない(調べもしないけど) だから 戯言として書く 広重は 写楽の魅力(ちから)は理解したであろう 写楽は 広重の凄さは・・・・分かろうともしない だろう 風景を描いている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検査結果

癌 ではなかった しばらくは 腸の心配は しなくても いい みたい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアス

しかし ちょっと 気に入ってる 普通 ピアス の色は 緑 だが(赤い服) 群青 にした 次回 絵屋 につめる日に グリーンを試してみる 額装も きめてみる としよう 追伸 カフェ とか ヘアーサロン 壁に・・・・・・・ ええかんじやん …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアス

あまね 曰く 「おとうさんの 絵 とちがう・・・あんまり スキとちがう」 そのとおりかも しれない BGM なんだ 詩 は無い 旋律で遊んでいた くだらない 絵 の可能性はある  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まっとうな 絵

ピカソは天才だ  北斎も また  絵 に選ばれた セザンヌ キリコ の<通りの神秘と憂鬱>が好きだ アンリ・ルソーの<眠れるジプシー女> も 広重 の<庄野・白雨>も いい マチス の絵  うっとりとする 大好きな作品たち がいる ルオー も強くて繊細だ 長谷川利行 自由な色彩の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁酒

ななつ が二階に上がってきて 「自分のこと天才やと想とるやつ二階におるって あまね がゆうとったで・・」 って 私かっ しかし あれだけの絵描いてて 天才ちがう ってのも厭味やろ  心 の中で嘯いてみる あまね は自信がないくせに? すぐ 怒る まあ関係ないか せやけど 誰に似たんやろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵 

どこかで まっとうな 絵 を描いている人がいる これは 確かな事 まっとうな 絵 は まっとうな 絵描き だけが描ける このごろ 私が書いている 絵 の記事 絵を描くものが うだうだと 言葉をならべるのは 病みかけているんだ いま この時 まっとうな 絵 はどこかで うまれているにちがいない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more