日常

仕事から帰ってきて 夕食後 風呂からあがって 少し描いた ナイフ なので なかなか すすまない でも  すこしでも 触れていると あしたに 繋がる                          * 机 をかった 大正 昭和のころ の文机 二前 今週中に 来るといいのだが …
コメント:0

続きを読むread more

断片的に

数年前 メンテナンス後 ブログのかたちが 少し変わり めんどくさくなった 貼りつけていた トップページの画像も 無くなってたし(気に入ってたのに) ブログを 始めたときのように もどってみよう(気持ち)と 考えた                      * 目が 良くなった …
コメント:0

続きを読むread more

病院にて

2/20 ブログを書くと HPで宣伝してしまい いつものこと それで 書くのが めんどくさい っとなり いやいやが なんとなく 記事を覆ってしまった もういちど 追記 する いま朝の6時過ぎ・・・・・ (四時頃起きてしまい 土曜日が休みなので 夜中にコーヒーをつくり 朝飯を食べ 薬を呑む 少し 絵 を描く) っで い…
コメント:0

続きを読むread more

病院での 制作

神聖な場所 クレパス 最初の イメージは このかたちが 近い っで 空の 雲 二つは いつか見た(散歩のときに出合った空)景色 いつか描きたいと思ってて 神聖な場所 の空に した のが 空 ならば こうなる のか まあ 意味のな…
コメント:0

続きを読むread more

ただいま・・・ Ⅱ

帰ろうⅡ クレパス・パステル 母が亡くなって 最初の作品が <帰ろう Ⅱ> になった 前記事の <おかえり> の流れが 無意識のうちに あるのだろうか HPに書いたが <帰ろう Ⅰ Ⅱ>は 祈り なんだ 突然のように 母の 想いが 現れると どうしょうもない せつなさに包まれていく…
コメント:0

続きを読むread more

ただいま・・・

母は 不死身ではなかった 2020年 3月5日 夕方 7時すぎ   逝った                   * きのう ふと 寝床の中 夢と現(うつつ)の狭間で 思い出していた 私が 中学生の時 陸上競技大会なるものが 学校の行事にあった 私は 100mに出た 結果から言えば 一位はテニス部の…
コメント:0

続きを読むread more

青色の行方

前の記事の <空> の絵は 描きあがってから 机の上に立てかけてあった っで  私の中で 空の 青 ではなく 緑 が主役に変わっていた やはり 家族には 不評の絵なのだが 「あれは 木 ちゃうで 山 として見ても あかんか? 色 を愉しんでくれたらええねん・・」 しかし  やっぱり 嫌い らしいのだ 私で…
コメント:0

続きを読むread more

空 (青・緑)

これで 仕上がりとする              空 (青・緑) 題名を<青空>に と言ったら お母さんが < 空(青・緑)>やなあぁぁ と たしかに その方が 正解だ と・・・ やっとさっ ものにできた  と納得している
コメント:0

続きを読むread more

青空

描き進めているときに ポイント ポイント で記録する時がある 後で この絵も おもしろいなあぁぁ っておもうのだが そのときは 先がおぼろげにも見えているので 止めるわけにはいかず っで 記録の画像をみて これも ひとつ の答かもしれないと感じたりしている っで 描き進めていった …
コメント:0

続きを読むread more

夜の景

黒の行方シリーズ<夜の景>として組絵に と 考えている もともと <夜の飛行機>が 出来上がる前には 月 があったのだ でも もうひとつしっくりとこなくて 飛行機 を追って描き進めた このかたちが 自然なのかもしれない マットに二か所 窓をつくって額装する さて どうなるか だ …
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー

まだ 絵屋をやっていたとき 奈良の古書屋の主人(画家)が来て 「ロマンチストやなあぁぁ・・・」と云って帰ったとお母さんに聞いていた 私の絵が そうなのかは 分からないのだが・・ ラグビーは ロマンチストのスポーツだ オフェンスだけでなくディフェンスも観ていて 熱くなる むしろ 守備にまわったときにの…
コメント:0

続きを読むread more

以前描いた <静寂は月>をフィルムケースにと思ったのだが サイズが合わないので 新しく 月 をと・・・数日前 明け方4時頃に そこにあった 月 鉛筆 で描いてみたのだけれど・・
コメント:0

続きを読むread more

夏 3

あまね 曰く アウト!! らしい やはり 私の絵ではないと云う 拡大して よく見ると お父さんが描いたって わかるけど・・・ アウト! この絵 は 他の人が描いてる絵 お父さんではない と云う                           * 最近 とくに 頭髪が薄くなりつつあ…
コメント:0

続きを読むread more

夏 2

お母さん曰く お父さんの絵ではない 路線が違ってる らしい 私的には 仕方ない のだ 描くこと自体が好きで・・・  いつものこと 思考錯誤しながら 歩いている
コメント:0

続きを読むread more

まあぁぁ  お母さん的には しっくり と こないらしい の だが・・ 追伸 只今 HPにて 貼り付けている 画像が 最新なのだが 微妙 なのだ
コメント:0

続きを読むread more

記帳

今日 事情が有って 記帳することがあった 何故だかわからないのだが・・・もうここに住んで二十年以上経っている にも拘わらず 住所を間違えていた ふと 気がついた 代を大と 書いてしまっていた 記帳しているとき なにか 違和感があった かたち が おかしい とは・・・感じていたんだ なぜか 三時間たった…
コメント:0

続きを読むread more

飢え

去年の11月頃から 絵 は描いていなかった 今は 9月の終わり この間 私にとって 新しい出会いがあった この眼鏡 も そう 1900年くらいの 生まれらしい このケースも 明治の頃と聞いている そして シガリロ いま コイーバ のショートを愉しんでいる 絵 は描いてい…
コメント:0

続きを読むread more

夜の飛行機

昔の写真機の フィルムケース? シャッター部分?らしき部品が手にいれ (画像はホームページにて) <夏>(クレパス)は 一時止まってしまった が 黒色の行方シリーズの <夜の飛行機>が出来た この画像は 下の部分に余白を設けた これも面白いと思っている
コメント:0

続きを読むread more

下田逸郎

迂闊であった 友だち(K)に 下田逸郎の<忘我>を借りた 友人から感想を聞かれときは まだ二・三度しか聴いていなかったので 「ああ下田逸郎だ」  っと しか感じていなかったのだ 十代の終わりの頃 ふと下田逸郎のレコードを買ってしまった そう 買ってしまった 最初 そんなにいいとは感じていなかった うま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三人展 3

まったく いつになるのかは わからないのに がぜん やる気がわいてきている 初日には みんなで 乾杯なんかして・・・・ 先ずは いい絵を 描いて 並べるんだ そう 描かなければ・・・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三人展 2

私の絵 は いわゆる具象?  私的には 抽象と具象の狭間に彷徨っている感じに なりつつある(ここ数年) お二人は 抽象画 に なにかを見つけようとしている 私の絵は お二人の邪魔にはならないと思ってるのだ あたたかい 空間の展覧会になればいいと考えている できれば できればの話 二週間 三週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三人展

いつになるか どこでするか は まだ 不明だけど 三人で展覧会をする そんな 話が出ている ひとりは 私が三十過ぎの頃 大和郡山JR駅前の画廊で作品展をした時 知り合った人 ひとりは 偶然 画廊 絵屋にて 知り合った人 っで 奇遇なんだけど この ひとり と ひとり の方々が最近出会って たまたま 私の話が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more